電子書籍ストア・取次

MBJ官報

MBJ(モバイルブック・ジェーピー)モバイルブック・ジェーピーの売上官報の決算公告には貸借対照表しかない
流動資産の科目は年々増えている(要するに、売掛金が増えている?)
流動資産:11億→19億→26億
当期純損益:△6 ...

電子書籍ストア・取次

インプレス電子書籍市場規模推移グラフ

恒例のインプレス大発表インプレス発表だと2017年度の予測は・・・

電子書籍の業界人が心待ちにしていることがある。それはインプレス社が出す『電子書籍ビジネス調査報告書』だ。大体、例年夏頃に発表される。2017年版は7月31日に刊行された ...

電子書籍コラム

BOOKOOFより高く売れるあの話題のメルカリで本を売ってみた

私は電子書籍を愛用しているが、紙の本を読まないわけではない。本屋にて衝動買いしてしまうこともあるし、Amazonや楽天で普通に注文することもある。特に実用書なんかはまだ紙で ...

電子書籍ストア・取次

アプリランキングiOS

マンガアプリも隆盛を誇る”ブック”カテゴリのランキングバトルは2位以下で

1位は永久欠番か殿堂入りにした方がいいのではないだろうか。LINEマンガの独走状態である。この一位は調べてみると、2013年10月から続いている。4年間もの間、揺 ...

電子書籍ストア・取次

メディアドゥ株価

貯蓄から投資へ(電子書籍関連株)実はかなり株価的には買い時

「貯蓄から投資へ」と金融庁がさかんに呼びかけて久しいが、まだまだ日本人の投資人口は増えていないようだ。これは非常にもったいないことだと個人的には思う。もし、これから株を始めよう ...

電子書籍ストア・取次

メディアドゥの決算グラフ

メディアドゥ様の快進撃に今後も期待MediaDoの売上FY14から急成長を遂げている。恐らく最大の要因はLINEマンガへの取次
しかし、利益率は低い。”取次”のビジネスモデルだから薄利
営業利益がまとまって出るようになったのはF ...

書評

バカミス

くだらないけど、愛すべき読み物騙されたと思って、手にとって欲しい

イヤミスの女王と言えば、湊かなえとか真梨幸子が思いつく。読んだ後の何とも言えない、後味の悪さと嫌な感じが、病みつきになる小説を量産されている。ベストセラーになることも多く ...

書評

電子書籍BOY

名作スパイアクション殺人許可証なぞ存在しない!

犯罪がまかり通る世であってはならない。あまねく人々を貫く誠の真理ではなかろうか。しかし、それが通用してしまう困った世界がある。それは、スパイ映画の世界である。スパイは目立たぬように、国家や ...

電子書籍コラム

この機会にカズオ・イシグロを読もう”カズオ・イシグロ”景気にわき踊る書籍業界

2017年10月、英国人で日本にルーツを持つ作家・カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞に輝やいた。これにより、今日本の本屋では、その作品の在庫がなくなるなど、一 ...

電子書籍ストア・取次

honto売上グラフ画像(電子書店)

少し心配なhonto過去2年間で売上の成長は見られない過去2年間で売上の成長は見られない(FY15 63億 → FY16 62億)
いまだ、赤字が続いている

赤字が続くのは、市場の成長性から言って、致し方ないとして規模が成 ...