『るろうに剣心』作者が児童ポルノ禁止法違反

2018年4月17日電子書籍コラム



漫画家の不祥事で困るのは読者

マンガは販売中止にならないといいですね

私は、紙で全巻(実家にて保管)、紙で完全版を全巻、電子書籍で全巻、『るろうに剣心』を持っている。自他共に認める「るろうに剣心」の大ファンである。すでに、いつでもどこでも読める状態にあるので、仮に販売中止になったとしても私自身は痛くも痒くもないが、CS放送で実写版が放送中止になったので、この流れからいくとひょっとすると、本も販売中止になるかもしれないが、今のところその兆候はない。

販売中止になる時はなる

一昔前、スクウェア・エニックスから出ている『ハイスコアガール』が販売中止になったときは、途中まで読んでいたので結構焦ったものだ。

時を経て、販売再開になったときには非常に嬉しかったのを今でも覚えている。今回のるろ剣に関しても、現在ジャンプスクエア上で連載中の北海道編が当面の間、連載中止になるという。すでに読者含むファンには弊害があるのだ。

せっかく楽しみに読んでいるので勘弁してもらいたいところだ。既刊のるろ剣に関しては、わざわざ販売中止にはしないだろうが、万が一の事態もファンは覚悟しないといけないだろう。

CSで実写版が放映を控えたが・・・

Amazonでは、Amazonビデオで「るろうに剣心」のアニメ全編が視聴可能だ。見られなくなる前に見ておこう。皆さんも早く見ておいた方がいいぞ、止まる前に。(止まると決まったわけではないが、念のため)事件の因果なのか、契約期限の問題なのか、2018年4月現在では、すでに見放題からはなくなって、従量課金だけ残されている。(多分、後者なのだろう)

電子書籍版には、特性が・・・

今回の事件、不幸中の幸いというか、怪我の功名というか、往年のファンや新規のファンの方の中には、改めてるろ剣を読んでみたいと思った人もいるのではないだろうか。皮肉なことに、事件によって、耳目を集めるだけでなく、売れる要因にもなった気がするのだ。もし、すぐに読んでみたいという人には、とりあえず電子書籍で読んでみることをオススメする。1〜3巻は大体、どの電子書店でも無料で読める。そんな中、原作を読み直したいと思っている人に向けて、是非オススメしておきたい電子書籍がある。こちらだ。

何が違うかというと、これ、「カラー版」なのだ。フルカラーで全編が楽しめる。難点は若干高いくらいだ。(紙版よりも高い)しかしながら、付加価値があると考えればこの難点も飲み込めるはずだ。販売中止になる前に手に入れておきたい一品である。(そうならないとイイね)漫画家の体を張った炎上商法にファンは応えなくてはならない。