「カズオ・イシグロ」祝ノーベル賞! 電子書籍書店の対応調べ

”カズオ・イシグロ”景気にわき踊る書籍業界

2017年10月、英国人で日本にルーツを持つ作家・カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞に輝やいた。これにより、今日本の本屋では、その作品の在庫がなくなるなど、一時的かもしれないがブームが訪れようとしている。

これはもう売るしかない。Amazonで調べても、カズオ・イシグロ関連本は47作品だ。全部買えなくもない。本人著作の長編小説もウィキペディアによると、2017年10月現在で、7作品しかない。とりあえず7作品なら買ってもいいのではないだろうか。という思考の方が多いのか、Amazonのランキングも上位を独占中のようだ。

カズオ・イシグロの長編小説(ウィキペディアより抜粋)

邦題 原題 出版年
遠い山なみの光 A Pale View of Hills 1982年
浮世の画家 An Artist of the Floating World 1986年
日の名残り The Remains of the Day 1989年
充たされざる者 The Unconsoled 1995年
わたしたちが孤児だったころ When We Were Orphans 2000年
わたしを離さないで Never Let Me Go 2005年
忘れられた巨人 The Buried Giant 2015年

もちろん電子書籍業界も売るのに躍起になっている

この現象は何も”紙”業界に限ったことではない。電子書籍業界も然りだ。近所の本屋が売り切れで買えないという人は是非、電子書籍で買って欲しい。別にAmazonKindleでも楽天Koboでも、何処だろうと品揃えは同じだ。

電子書籍で買うメリットは?

上述の通り、売り切れによる買いっぱぐれがない。あと、若干安めだ。Amazonだと紙版が821円、Kindle版が617円で売っている。(2017年10月8日現在)スマホがあれば、いつでもどこでも、買えるし読める。

電子書籍のメリットまとめ

  1. 売り切れの心配なし
  2. スマホがあれば読める
  3. 200円ほど紙より安い(品による。電子書店によってはポイントバック等の特典も)

各電子書店のカズオ・イシグロの扱いについて

以下の4つの電子書店のカズオ・イシグロ特集の特徴を記してみる。(これらの書店は大きなバナーで特集を組んでいた)

  • ibooks(Apple)
  • booklive!
  • honto
  • Reader Store(SONY)

※Kindle(Amazon)、Kobo(楽天)、eBookJapan、DMM.com電子書籍などは、検索結果に飛ばす対応(「カズオ・イシグロ」と検索してその結果をリンクとしている)がほとんどであり、バナーを貼るといった、言うなればPOP対応が見られなかったため除外した。

価格はブッカー賞で有名な『日の名残り』を参考としている。

ibooks(Apple)

  • 価格:620円(税込み)
  • 還元:特になし

ibooks_カズオ・イシグロ

写真が近影っぽい(最近撮ったものぽい)ので、新鮮でタイムリーなページに仕上がっている気がする。ibooksなので、世界のiPhoneユーザー向けに世界共通のデザイン・レイアウトが求められるのだろうか、シンプルな作りになっている。写真と名前とノーベル賞という煽りだけ。(おめでとう!とかキャンペーン中!とかそういう文言はない)値段が他社の電子書籍より、若干高いのはドルと円の関係か何かでしょうか。(ちなみにKindleは他社と同じ617円)

booklive!

  • 価格:616円(税込み)
  • 還元:Tポイント3pt

booklive_カズオ・イシグロ

顔写真がないので、全然目立たない。せめてバナーに書影を入れて欲しかった。すごいダサい印象なのだが、急拵えで作ったせいなのだろうか。ibooksを見習おう。今からでも著者の近影を手に入れてはどうだろうか。販促のためなら、出版社がくれそうなものだが。

honto

  • 価格:617円(税込み)
  • 還元:150pt(キャンペーンで現在ポイント30倍)

honto_カズオ・イシグロ

こちらも顔写真がない。ただバナーが白を基調としていて、新しい。(唯一か。みんな大体黒いバナーとか、暗めの特集を組んでいる)書影を使っているので、まあインパクトはある。それでもやはり顔写真は欲しいところ。是非、出版社に掛け合ってください。

Reader Store(SONY)

  • 価格:617円(税込み)
  • 還元:62pt(キャンペーンで10%ポイント還元)

ReaderStore_カズオ・イシグロ

写真が古い!若いカズオ・イシグロだ。インパクトはあるのだが、バナーが少しダサい。写真を人物のところだけトリミングしたのだろうが、縁の部分の白いのが若干目立つ。文字部分が多いので、もっとシンプルにibooksみたいに作れば、スタイリッシュでオシャレなのに。おしい。

自分の好きな”本屋”でカズオ・イシグロを買おう

紙を待てない人は、今すぐ電子書籍で買いましょう。一番安いところだと実質500円台だ。他のキャンペーンや割り引きが併用できれば、400円台でも入手可能かもしれない。各社、電子書籍が初めての人には、別途割り引きやポイントバックを実施している模様だ。調べてみる価値はあるだろう。