1,000億割れの出版業界の雄、小学館 売上推移(FY16まで)

2017年10月6日

小学館売上推移グラフ

小学館の売上

  • 14年間で売上35%減
  • 最新では電子売上は13%を占める

FY16決算サマリー

  • 売上:973億(内、電子は122億)
  • 最終損失は△8億

小学館の基礎情報

  • 決算時期:毎年2月
  • 本社所在地:〒100-8001 東京都千代田区一ツ橋二丁目3番1
  • 『名探偵コナン』等が有名

コメント

売上の低下が著しい。
何の手も打ってこなかったのがよくわかる笑
(マンガワンなんかは、まあ良さげなんだが)電子売上をもっとあげないことには、横ばい傾向にさせるのも難しいだろう。

小学館の未来は?

出版大手三社(小学館、講談社、集英社)の中で、最もヤバいのが小学館だ。
色々と模索しているようだが、あまり成功しているイメージがない。
マンガワンなんかは、iOSやAndroidアプリのセールスランキングにおいて、上位にいるのだが、それはコミックカテゴリーにおいてであって、売上が高いことを示してはない。1位のLINEマンガだけが唯一儲かってるコミック系アプリだからだ。(広告収入ではわからないので、あくまでアプリ内課金だけで見た時の話)
それはさておき、小学館はもっと電子の売上を上げていかないことには、復調させることはできないので(売上を)もっと販促に力を入れていくべきだろう。